ホーム 私が開院した理由

私が開院した理由

みなさんはじめまして。

「頭痛・肩こり・股関節痛」が得意な整体師の菅井広孝です。


よく他の整体師の先生のプロフィールには、
『自分自身の痛みが整体院で回復したから
 整体に興味を持ち始めた!


というご自身の辛い経験から
整体師になる方が多いようですね。


私もそんなカッコいいプロフィール
を書きたかったんですが、


残念ながら、


どこかが痛かったという経験はあまりありません。

むしろ今まで、今現時点でも痛みとはほぼ無縁の生活を送っています。

(頭痛、腹痛は人並みにありますよ(^▽^;))


そんなにドラマティックな出来事がなかったので、
今までプロフィールを書くのを避けてきていました。


しかし、先日の勉強会でワークをやった結果、
意外と書く事があったので、ようやうですが自己紹介させていただきます。






私がなぜ整体師を志したのか!?


私がなぜ整体師を志したのか!?




私は大学卒業後、数年間は父の経営する会社に勤務していました。


その時には、浴場施設の設備関係の仕事をしていましたので、
必要に迫られボイラー技師の資格を取り働いていました。


この時365日のうち、休みは年始とお盆の確か5日のみという生活でした。(本当に)

機械のトラブルがあると、夜中に呼び出されることも少なくありませんでした。


休みのない日々に、最初は嫌々ながらも働いていましたが、
しばらくすると慣れてきて、2代目として仕事を継ぐ気持ちでいました。




途中、儲かりそうだ!


という簡単な理由で宅地建物取引主任者の資格も取りました。


しかし不動産業も資格と実務とはまた別で、
資格を取ったからといって、中々仕事になりそうにありませんでした。






ある時、5日間の経営セミナーに参加した時、


「あなたの仕事、またこれから発展させていきたいと考える事業は、
世のため人のために役立つ仕事か!?


という質問をされました。


そうでなければ、事業として成り立っていかないと教えられたのです。




仕事をしている事自体、何らかの役に立ってはいるはずです。


誰かが必要としてくれるから、その仕事がある訳ですから。



それは間違いない事でしょうけれど、

以前の仕事は、対象になるお客さんが業者だったので、


感謝されたり感動されるような具体的な場面が、
その時は全く思い浮かびませんでした。


値切られたり、支払いが遅れたり、

クレームをつけて支払おうとしなかったり、


そんな場面ばかり頭の中に浮かんできたんです。



その勉強会のあと、将来の事を考えると、

収入面、2代目としての悩み、

このまま休み無く働くのか?


対業者との対応で延々とストレスを抱えていくのか?


そして、「世のため人のため」に働いているという実感、

充実感を味わうことができるのか?


と考えるようになりました。





中学の頃になりたかった職業に「教師、警察官

そして「考古学者」の3つがありました。



教師や警察官は、社会経験のない中学時代の私にとって、

人の役に立つ仕事と考えた時にすぐに思い浮かぶ

一番身近でイメージしやすい職業だったから、そう考えたんだろうと思います。


考古学者は「世界遺産」などの遺跡が好きだったので、

趣味の延長で考古学者になれたら良いなぁ~といった程度でした。



ですから本当は人に喜ばれる仕事がしたい!できれば

目に見える形で役立つ仕事をしたい!


それが勤労意欲に繋がるし充実感を味わえるだろうから。


という気持ちがず~っと残っていました。


きっと誰しもが持つ感情でしょうけれど、

若いころはピュアだったんですね。(苦笑)








そんな風に悶々と悩みを抱えていたある時、

父親がギックリ腰になり整体に行ってきたんです。


帰ってきたら「あの整体はすごい!」と大絶賛!


そして「そこの整体院で整体のセミナーやってるみたいだったんで、金払っといたから、お前行ってこい!」


と半ば強制的に、でも自分でお金を払った訳でないので、

ラッキー♪という気持ちもあって参加しました。



その整体師というのが、

私の師匠の「よくなる整体院」の中村守先生でした。




参加してみたら、

何やら、ゆらゆら揺らしたり、かるく触ってるだけで、

「こんなんで本当に効くんかねぇ?」

と疑いたくなるような整体だったんです。



しかし父が実際に回復したのは事実です。


そのセミナーは2日間の講習後、

2ヶ月間、月に一度フォローアップセミナーがありました。


それまでの間、

「いろんな方に整体の施術をして、
 疑問があったら次回のフォローアップの時に聞いて下さい。」


と言われたので、一番身近だった祖母に整体を試みました。



当時右膝が曲がらなく、正座ができなかったんです。


ところが、ド素人の私が何度か施術していたら、

祖母の膝が完璧に曲がるようになってきました。


これには私も驚きました!



そして、祖母は喜んでくれるし、

施術をやってて楽しいし、気分はいいし、


何より
役立っている感じがものすごくありました。




そんな事があって、そのフォローアップセミナーに参加するたびに、

徐々に整体師というものに興味が湧いてきました。



そして、そのセミナーを受けて半年後、

整体師になるために整体学校への入学をしていました。


ですから、私自身が痛みがあった訳ではないんです。


私の仕事に対する思い・悩みに、整体がピッタリだったんです。





ひょんな事でこの整体という道に進んできた私ですが、

涙を流して「先生、神様だぁ~」(本当に時々あるんですよ)

なんて回復した患者さんに喜ばれたあの瞬間は、


「こんな自分でも、人にこんなに喜んでいただけるんだ!」


と社会で人の役に立っていると心の底から実感できました。



そんな風に喜んでくれる患者さんがいると、

私まで涙がこぼれそうになって一緒に喜んでしまいます。


これが施術家冥利につきるということか!としみじみ感じる出来事なんです。


そんな瞬間が、また仕事に対するモチベーションを上げてくれます。




しかし時には、夢を見ていて飛び上がる時があり、

「やばい!予約(の患者さん)いたんだ!遅刻する!」

なんて休日に目が覚めてしまいます。


寝ていても常に気が張ってるのかな?なんて心配になる事があります。(苦笑)






最後に私自身の自己紹介



私は、あまり声を張って話せないので、カラオケ屋やうるさい場所が苦手です。


普段モソモソ話してしまう自分の話し方が嫌なんですが、


司会業をやっている患者さんから


「治療受けるとき、先生の声のトーン丁度いいですよね~眠くなっちゃいます♪」


と何度か褒められた事があります♪



私はあまり深刻に考え込まない方です。


翌日には嫌な気持ちがすっぱり無くなっています。


これは私の長所と言えるでしょうか?






そして、本当に最後です。


長々とお読みいただきありがとうございます。



皆さん調子が悪い時はどこに行きますか?


私も含め、大概の方は病院だと思います。



次に、保険の利く針灸や接骨院。


それでもダメなら、「どこか良い所ないかな?」


最後の最後に来るのが、


保険の利かない整体院。



という事は、患者さんたちは本当に困ってやってくる方ばかりです。


病院で回復した方、針灸・接骨院で回復した方は

整体院にはやってきません。


どこに行っても良くならない方が患者さんに多いんです。



そんな、すがるような気持ちでいらっしゃる方々を

少しでも今まで以上によくなるようにしたい!


そんな気持ちで仕事をしています。



身体は十人十色。


同じ腰痛といっても原因は様々です。


という事は調整方法も皆さん異なります。



時には聞いた事もないような病名の方も来ます。


ですから日々学びです。


だから、

全身全霊で施術させていただきます!

  • 2015年10月19日