ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください


Prev123...9899100Next

手術したほうがいいのかな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




32回目のTさん(農業)60代男性

脊柱管狭窄症で間欠跛行がありつつも畑仕事を頑張っていましたが、

昨年7月に畑で突然の腰の激痛で救急車で運ばれました。

腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け、2ケ月の入院。



その後、ヘルニアの痛みは落ち着いたものの、

左下肢に出るつっぱり感が辛くて、整体を受けにやってきました。

だいぶ下肢の張り感が落ち着きましたが、

脊柱管狭窄症のことが気になって仕方ありません。



何度も何度も、2つの病院で検査をしてもらったり、

ドクターに「手術しなくていいのか?」と聞いていたようです。

このタイミングで手術をしないと、また農繁期がやってくるからです。

そして何より、ヘルニアの時のあの激痛が頭に残って離れません。



医師の答えは

「どっちでもいい状態だけど、手術したかったらしてもいいですよ!」

と煮え切らない反応。

でも心配なTさんは、手術をしよう!という頭でいっぱい。

でも手術は怖いし、非常に迷っていましたが、

どちらかというと手術の方に心が傾いていました。

ですので、しばらく整体休むわぁ~と1ケ月ほどが空きました。




で、散々迷ったあげく、手術は受けないことに決めました。

ところが1ケ月空いたためか、また下肢に張り感が出て苦しくなっています。

前回一度調整しましたが、膝裏にだけ苦しさが残っていました。



今回は膝裏を念入りに調整することに!

すると、調整がよかったようで、かなり和らいで、

「逆に左より右のほうが苦しいみでだわ!(笑)」

としっかり変化を感じて頂けた様子です♪



また10日後、お待ちしてますね♪

腰痛もちがあぐらを掻いて、腰痛再発!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)






8回目のOさん(会社役員)50代男性

慢性的な腰痛もちのOさん。

連日の出張がひと段落して、先日整体施術を受けて

「おぉ~いいな~軽い軽い♪」

と帰っていかれたばかり。



先日の施術から幾日もたっていない状態で、

すぐの予約の電話だったので、

あまり施術後よくなかったのかな?

と心配していましたが、どうやら

あぐらで確定申告の書類を書いており、

そこから立ち上がった時に、立てない程の激痛が左腰に走りました。


腰が悪いので、普段は正座をするようにしているのですが、

この日ばかりは、なぜかあぐらで腰を丸めてしまったようです。



さてそんなお話を聞いたので、

まずは仙腸関節の調整を行い、

腰背部を弛めていきます。

かなり固く、腰方形筋も狙っておきました。


すると左腰は和らいだようですが、

寝返り動作の際、腰の中央部に張り感というか、

どうも背骨の動きが固いような苦しさを感じるとの事。


単純に腰椎の動きが渋くなっているのだと考え、

腰枕を使った運動、

腰椎の動きをつけていく運動をお伝えしました。


すると、これだけでも張り感が和らいだようです。

自宅でもTVを見ながらでも運動やってみてくださいね♪



また来週お待ちしております。

運転中の臀部痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のIさん(自営業)40代女性

ほぼ立ち仕事のIさんですが、

ここ1週間前から、

職場までの30分ほどの運転で

臀部(本人は腰と思ってる)に痛みを感じるようになりました。



仕事で座ることもあり、接客が辛い状態。



過去2回は不良姿勢による腰痛でした。

しかし、今回は

「かなり姿勢気にしったんけげどよ~」

との事。

実際に姿勢を見ると、頑張ってる様子がわかるほど。



ですと、おそらく臀部の筋肉が原因じゃないかな?

と思う訳です。

梨状筋を押してみると、激しく痛がります!

やはり怪しい。。。



施術では骨盤を整えたあと、

深層外旋六筋、特に梨状筋を緩めていきました。



すると、立ち上がった段階では大丈夫です。

施術ベッドの縁に座ってもらうと、

心なしか、右大腿部がまだ外旋しているように見えます。


この後、仕事に向かう際に車を運転してみないと、

実際の痛みは分かりません。


そこで、運転中に大腿部を内旋して座りなおしてもらうようアドバイス。

これでどうだろう?

首が痛い! 筋膜を調整してみました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のSさん(公務員)40代女性

慢性的な肩こりが酷くなったのか、

首が痛くて回せなくなり、同僚からの紹介で来店されました。



前回、首の可動域がだいぶ広がり、動画でも確認していただきました。

しかし、翌朝になると、やはり痛みがびり返してしまったようです。



そして2回目の今回、

肩甲胸郭関節の動きを広げるとともに、

肩甲挙筋、僧帽筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、板状筋などを

じっくりと筋膜、薄膜を意識してゆるめていきました。


すると首をねじってもらっても、

最後まで全く問題なく動かすことができます♪

「おぉ~大丈夫だ!おぉ~!」

とずいぶんと喜んでいただけました。


念のため、もう一度だけ調整の機会をいただくことにしましたが、


それまで痛みが無ければ、キャンセルでもかまいませんからね。

急に整体を止めるのは不安…という方は?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




6回目のYさん(主婦)60代女性

寝起きの両下肢に痛みあり。

朝は1時間ほど苦しい時間を過ごさなければなりません。

日中も辛さがずっと続いています。

整形外科では「脊柱管狭窄症」の診断。




前回10→2まで痛みが軽減、15分ほどで辛さは落ち着き、

日中は全く気になりません。

何より、ずっと服用していたリリカを止めることができた!

というのが何よりの収穫。


そして2週間あけての今回、

もう寝起きの痛みというより、張り感・苦しさがある程度。

気にはなるけれど、そこまで苦にするほどではないとの事。



これまで和らいだのであれば、

もう、あとは時間と共に落ち着いていくと思われます。

が、Yさんは急に整体を止めるのは不安だと言うので、

次回は3週間後にしましょう!


不安だと思うのは、それだけ辛かったって事ですよね。

不安が消えるまでしっかり調整していきますからね!

インフルの同僚の分も働いて痛めた、股関節

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)







30回目のAさん(教員)50代女性

同僚たちがインフルエンザで休んでいるため、

Aさんの日常業務が増えてしまい、

何度も階段を往復していたら、

左股関節の奥がどこか苦しいように感じていました。


で、週末に起きたら股関節が痛くて歩くのも辛い。

「医者に行こうか?どうしようか?」と迷ったようですが、

頭痛や背中の痛み、肩こりで整体行ってるしなぁ~

と考え、整体でダメなら医者に行こう!

とお電話下さったようです。(苦笑)

本当であれば、先にお医者さんに行って下さいね。




さてお話を伺うと、

椅子から立ち上がる際、歩く際、いずれも痛みがあります。

床に入るときにも脚(股関節)を伸ばす時に痛みがあり、

寝返りなども痛みます。


どうも大腿四頭筋の起始部、

下前腸骨棘の少し下に痛みを感じているようです。

私は大腿四頭筋のハリが強くなっているのかな?

と考えて弛めてみました。


すると脚を伸ばすことができるようになったので、

立ち上がってもらうと、

う~ん、やっぱり痛みがあります。。。




次に考えられることとしては、

検査では、左の上前腸骨棘が上がっているので、

当然、下前腸骨棘も上がっています。

ということは大腿四頭筋にテンションがかかっているはず。

つまりは起始部の下前腸骨棘を下げたら?

大腿四頭筋の負荷は減少するはず!

他にも股関節の位置調整を加えてみよう!


すると、少し痛みが残りますが、

歩くにはさほど気にならない程度になりました。




翌日も痛みがあるようであれば、

連絡します!と帰っていかれました。

同僚が休みまくってるので、Aさんは休めないようです。




そして翌々日…

お電話が来て「あら~やっぱり痛かったかな?」

と思ったら、まったく逆で

「ただ報告しておこうと思って電話しただけなんですけど、
 股関節大丈夫でした!
 ありがとうございます!」

と嬉しいお電話でした♪

よかった、よかった。

脳のロックが働いてるのかも?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのSさん(公務員)40代女性

以前から肩こりがあり、

職場で「肩苦しい~」と良く言っていたようです。


ここ2~3日、特に肩から首にかけての痛みが出てきて、

辛さを訴えていたら、同僚から紹介されて来店されました。




お話を伺うと、

左を向くときに首筋に痛みがあるようです。


左右どの角度まで首をねじることが出来るのか?

また、どれぐらい首をねじったら痛みが出るのか?

を頭上から動画撮影をして、Sさんにも確認してもらいました。


すると、

右45度超
左30度超

といったところ。ほとんど動かせてませんね。



検査をすると、胸椎が左回旋しており、

「何か右向く動作多くないですか?」

と聞いてみるとビンゴ!

日常の癖が、如実に体に表れています。



施術では肩甲胸郭関節の動きをつけて、

肋骨の動きを広げておきました。

そして、頚椎、胸椎の調整を行うと、

80度ほど首の回旋動作がついてきました。



立ち上がって確認してもらうと、

起き上がった時は、最初とあまり変わらない角度。

立位での首の回旋角度を脳が記憶してるんでしょう。


一旦動くようにはなっているはずですから、

両手を首に添えてもらい、

肘と首を同時に左右にねじってもらいます。

次に最後までねじった状態で、首だけさらにねじります。


これを3回繰り返したら、あ~ら不思議!

脳みそのロックは外れました。


ほぼ問題ない程度まで首を回せるようになってきましたよ。

実際、動画で確認して頂くと、

「ずいぶん動いてる!」

とビックリしていただけたようです。



あと1~2回調整すれば、大丈夫だと思いますよ!

入院で固まった肩

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のTさん(公務員)40代男性

しばらく入院していたところ、

とにかく体中が強張るようになりました。

特に両肩の可動域が極度に狭くなっています。

服に袖を通す時が一番気になるようです。




初回、肩甲胸郭関節の動きをつけようと試みました。

まだ40代なのに、70~80代のような体の固さ。


そして、胸郭を広げられるように、

何度も何度も、胸式呼吸を繰り返しやってもらいました。

これはガッチガチに胸郭が固まっている方は、

胸式呼吸のやり方を忘れてしまっていますので、

覚えてもらうのが非常に大変です。

が、何度か修正しながら呼吸してもらうと、

徐々に理解できてきたようです。


施術後は、イマイチ反応が悪かった。

しかも、初回はかなりのお試し感。

試しに来てみました~という程度で、

次回の予約も入りませんでした。




しかし、紹介者のお姉さんから、

「何か軽いって言うから、また予約入れたいって!」

と、また次回の予約が入って、今回2回目。


初回と限りなく近い状態までぶり返しがありましたが、

2回目ということもあり、

胸式呼吸は早い段階で思い出せたようで、

上手にできています。

胸式呼吸ができたら、肩甲胸郭関節の動きも広がります。

そうすれば、腕も上がるようになってきます。



リハビリに行くと、動かせるようになったところまで、

日常生活でも動かすよう指導されるはず。

整体で可動域が広がったとしたら、

なるべく生活の中で動かすように、

また自分でもストレッチがてら動かすようにして欲しいところ。

そんな事をお伝えして終了です。


次回、自宅で少しは動かしてきてくれるかな?

雪掻きをして出てきた、背中の強いハリ感

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のNさん(自営業)40代男性

以前は、臀部および大腿部の強い張り感があり来店されていましたが、

これは落ち着き、たまに顔をのぞかせる程度。

思い出したように来店される程度です。


それも姿勢をかなり気にするようになって、

下肢に負担を掛けなくて済むようになったから。

こちらの不調は、もう大丈夫でしょう。




今回の主訴は、

10日ほど前に降った雪の除雪から、

「背中から腰に掛けての張り感」が取れなくなりました。

そのうち和らいでくるかと思っていましたが、

全く変わりません…



ということで調整開始!

仙腸関節の動きをつけたあとに背骨の調整。

また腰背部を弛めた後、肩甲胸郭関節の調整。

「こうやって肩甲骨弛めてもらってるときに痛いってのは
 やっぱ悪いからなんですかね?」

と肩甲骨と肋骨の隙間を広げているときの質問。


まぁそうでしょうね。

腋下(大円筋・小円筋)や前鋸筋といった筋肉ですが、

普段使っている範囲以上に動かされたとき、

筋肉が伸びにくくて、ちょっと辛く感じてしまうんでしょう。

しかし、それぐらい伸ばせるようになってくると、

筋膜による不調はだいぶ和らいできますよ。



また胸郭が広がるよう、何度か腕を伸ばしたり、

胸郭部の動きをつけていくと、

背中、腰の強い張り感は、もう大丈夫です。


また何かあれば、いつでもご連絡くださいね。

立つときの膝痛←歪みが原因?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




17回目のSさん(保育士)50代女性

4年ぶりの来店です。


昨年からずっと我慢してきたようですが、

椅子から立ち上がるときの左膝の刺すような痛みがあります。

そのうち落ち着くかなぁ~と思っていましたが、

段々と痛みが強くなってきました。



ただでさえ、立ったり座ったりの多い保育士さんなので、大変そう。


他にも股関節痛、足底の痛み、腰痛、肩こりなど

カラダ中ぼろぼろ…


でも一番痛いのは、膝ですので、ここを集中してやっていきます!




まずは随分とズレてしまった骨盤の調整!

次に腰背部、臀部、大腿部、下腿部の筋肉をゆるめていきます。

ついでに足底もしっかり緩めます!


この際、膝関節を曲げたりしても全く痛みを訴えません。

ということは、膝関節の曲げ伸ばし自体に問題はないと考えます。


あくまでも体重を支えなければならない状態で、

周辺の筋肉の問題で、関節または筋肉に負荷がかかっているのか?

と考えていきました。



事実、立ち上がっていただく際には、痛みはさほど変化がありません。

ここで一つ発見がありました。

痛みをかばう動作なのか?左のお尻を引いて、

重心を右に掛けつつ、右脚に体重をかけて立ち上がります。


腰の捻じれを出さないように、立位での骨盤がずれないようにすると、

これだけで10→2まで痛みが和らぎます。



骨盤の歪み方の癖があって、

立ち上がる際に歪みが発生しているのでしょう。

何度か同じ動きを癖付けしておきました。


おそらく片手ぐらいの回数以内には落ち着いてくると思います。

膝の痛みが落ち着いてきたら、肩回りも調整しちゃいましょうね♪
Prev123...9899100Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ