ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください


Prev123...596061Next

リウマチと整体

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




16回目のKさん(会社員)40代女性

リウマチで通われています。


リウマチといっても整体でよくなるものではありません。

当店の考え方として、

リウマチの進行は、「抗リウマチ薬」または「生物学的製剤」に頼ってください。

しかし体の痛み自体は、周辺の筋肉や固まった関節を少しでも動きをつけてあげるだけでも、かなり痛みは和らぎます。




Kさんもリウマチによる関節周辺の痛みが日替わりのように変わりつつ、

あちこち痛みを訴えます。


当初は足関節と足底の痛みを訴えていましたが、

各関節ごとに緩めていくと和らぎます。




ここ最近は右肩に痛みが出やすくなっています。

風呂場で左肩を洗おうとしたときなどに痛みが走ります。


これは肩甲上腕関節をゆるめると可動域が広がります。

また挙上時も痛みがありましたが、

関節のポジションを正していくと大丈夫。



要はリウマチでも関節周辺を緩めたり、

無理のない程度に関節の調整を行えば痛みは和らぐということです。



もしリウマチの痛みでお悩みの方がいらっしゃればご連絡ください。

今までよりも動いちゃって、股関節痛が再発!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




13回目のSさん(会社員)50代男性

股関節痛で来店されています。

歩行、階段の上り下り、寝返りで左股関節に痛みがあり、

最初の来店時点では、寝ていても目が覚めるほど痛みがひどい状態でした。

病院では、変形性股関節症と診断を受けています。



しかし毎回臀部(股関節周り)の筋肉を緩め、

股関節の前・上方転移を調整するようにしていくと、

徐々に痛みが和らいできました。

時には痛みがひどくなったり、ぶり返すときもありましたが、

徐々に収束してきたような形です。


現在は和式便所に座った時には、さすがに痛みが出るようですが、

それ以外は、稼動域が狭いだけで生活に支障はありません。




そのため徐々に施術間隔を広げていき、

今回は思い切って1ヶ月空けてみての様子をお聞きすると・・・

「ずっと調子いいっけんだげどよ、
 調子乗っていつもより動いだみでで、3,4日前からまたちょっと痛っだいなよ。
 今までかばいながら動いっだけのに、動ぎすぎだもなぁ。」

と以前ほどではないものの、痛みが再発してしまったようです。



痛みが出てしまったものは仕方ありません。

が、施術の流れはわかっています。


体幹のバランスを整えた後、臀部の筋肉をゆるめ、

股関節の位置調整を行うと、

「おぉ~すっきりした~♪」

と満足する結果になりました。



今回までの様子をお聞きすると、

1ヶ月ほぼ問題なかったようなので、また1ヶ月後の予約となります。

痛みがなければ、稼動域を少しでも広げるよう調整させていただきますね。

脛(すね)の前面の筋肉を調整したら!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




42回目のOさん(会社員)50代女性

2月に転倒し、頚骨および腓骨を骨折。

4月にギブスが外れましたが、足をつくだけで激痛が走ります。

それまで松葉杖を使い、足をつかずにいたので、あまりの痛さに驚いていました。

整形外科では「痛くても頑張って歩きなさい!」との指導。

しかしあまりの痛さに、リハビリできる病院に紹介状を書いてもらい、

そちらにも通われています。



さてだいぶ時間もたってきたので、歩幅を大きくしなければ歩けるようになっています。

が時折激痛が走るときもあり、数時間するとおさまったりと、不安は消えません。



ご自分でも足首を柔らかくするストレッチは行っているようですが、

「先生(私のこと)もそうだけど、
 リハビリの先生もそんなに強くしないけど、終わった後はらくになんだよね~」

と自分でのストレッチはあまり実感が伴わないようです。




さて今回は

前頚骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋、長腓骨筋、短腓骨筋など

下腿前面の筋肉に絞って調整を試みました。


すると

「先生、今までで一番かるいわぁ~!」

喜んでいただきました。



毎回すこしずつ違った調整を試み、ベストな状態を探していましたが、

今のところ、この調整が一番よかったようですね。

さくらんぼの収穫で腰の力が抜けた。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のTさん(農業)40代男性

さくらんぼの主力である佐藤錦を収穫し終え、

次に人気のある紅秀峰の収穫も終わるか?というときに、

さくらんぼの籠を置こうと思った瞬間に、腰が砕けるかのように、

力が抜けたような痛みに襲われました。


あぁ〜と「ヘナヘナ」と崩れ落ちました。

そんな折、娘さんが通われていたため、

奥さんから勧められて来店されました。



さてお話をお聞きすると、

寝起き、寝返り、椅子からの立ち座り、前かがみで痛みが出ます。

このような症状の方は、「骨盤の歪み」が原因になっている方が多い。



施術では仰向けで骨盤の調整を行い、腰背部をゆるめておきました。

しかし、これだけでは起き上がるときに痛みが残る方がほとんど。

案の定、Tさんも寝返りをうつ段階で、すでに痛みで唸りました。



そこで寝返りの動作中に骨盤をズレないように押さえたまま動いてもらうと、

これだと問題なく動かせます。

次にうつ伏せから四つん這い、これも痛い。

しかし同様に骨盤がズレないよう押さえたままだと動かせます。


四つん這いから正座、そこから立ち上がるまで問題ありません。

前屈もOK!



ただ上半身を左右にひねるときに痛みが残ります。

これも骨盤をズレないように押さえつけながらだと大丈夫!

これらの体の歪みは、さくらんぼを収穫する籠を左腰にブラ下げていたのが原因となっているようです。

だって、そういった歪みがもろに現れてましたからね。

さくらんぼの収穫はあともうちょっと。

私はプロとして体を休めてほしいところですが、



Tさんも一年の食い扶持を稼ぐラストスパート。

なるべく無理せずに明日も時間を取ってご予約いただきました。

しっかり最後まで調整させてもらいますね。

私はひねくれてるので、こんな事を聞いちゃいます。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




10回目のTさん(農業手伝い)50代女性

以前は左膝の痛みで通われていましたが、8回の施術で痛みが和らいで終了。


そして9回目では、久しぶりの来店でしたが、

今度は逆側、右の膝に痛みが出ています。



ただいまサクランボの収穫真っ最中。

働き先の農家では、女性ながらに脚立に上って膝を痛めたようです。

1週間前から椅子からの立ち座り、正座をしようとすると痛みが出ます。




以前の膝とは逆側ですが、痛む部位は同じようでしたので、

施術は同じ内容で進めていきました。


まずは骨盤回りを整え、

下腿全体の筋肉をゆるめていきました。

股関節、膝関節、足関節のバランスを取る中で、

特に膝関節のズレには注意して調整を試みます。


実際に立ち上がっていただく際にも、

何度か膝関節のズレを正しい方向に誘導すると痛みがかなり和らぎます。


これが前回のお話。




そして本日。

「前回やってもらってから、ほとんど問題ないのよ~!」

との事。


私は性格がひねくれてますので、

「ほとんど」という部分が引っかかって、

「よかったですね~
 ところで、100%って訳ではないように聞こえますが、
 残ってる部分ってあるんですか?」

と尋ねると、やはり正座をしようとしたときの最後が痛むとの事。

ただ、普段正座はしないので、日常生活では問題ないようです。



ということで、前回と同様の施術を行ったところ、

正座でもほぼ問題ない程度までになりました。




前回は8回もかかったのに対して、

今回は調整が簡単にすみました。


痛みが出てからすぐにいらしたのが良かったんでしょうね。

8年ぶりのお客さん

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のOさん(自営業)50代女性

8年ぶりの来店。私が開業して最初の頃にいらしたお客さん。


しばらく肩に痛みをかかえて、ふと当店のことを思い出していらっしゃいました。

「前(8年前)きたとき、20年ぶりの肩こり1回で楽になったのはビックリしたやぁ〜」

とおっしゃいます。

正直、「えっ?そうでしたっけ?」

と私は全く記憶がありませんでしたが、

そんな風に覚えていて来てくださったことは、ほんとにありがたいですねぇ。




さて、肩こりが1ヶ月ほど続いており、ふと昔の事を思い出して当院へいらっしゃったようです。

8年ほど経って、だいぶ状況も変わってきました。

会社勤めから独立し、同じ業種で自営業者として仕事を始めました。

そんなこともあってか、デスクワークのOさんは肩こりに悩んでいます。

待合椅子に座っている間の姿勢を見ていると、

かなり猫背気味。

肩周りをしっかりゆるめていくと肩こりは和らいだようで、よかったよかった。



さてさて、私が大切だと思っているのは、姿勢。

どういった姿勢をすれば良いのか?
どうすれば良い姿勢をキープできるのか?
どうすれば肩こりを緩和できるのか?

そんなことをお伝えすると、

「へぇ〜
正直わたし、いろんな整体行くけど、そんなこと教えてもらったことなかった。
他と違うこと聞いて、ちょっと得したなぁ〜」

と嬉しいことを言っていただきました。


また来週のご予約いただきました。

しっかり調整していきましょうね。

カタツムリの角をさわるぐらい神経使いました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのIさん(会社員)50代男性


デスクワーク中心の職場に配置換えになり、それから慢性的な肩こりがあります。

先日から左肩から首筋にかけて痛みが出たためご予約いただきましたが、

今回の来店された時点では、痛みは半分ぐらいになっています。




ご本人曰く

「肩こりからきている痛みだと思うんですけど。。。」

との事ですが、私もそう思います。



実際に肩甲骨に触れると、

も~ガチガチ!

肋骨と肩甲骨の隙間がみじんもありません。


とは言え、何とかしなければなりませんので、

手を変え品を変え・・・でもダメです。。。



ここで、やり方を変えます。

どうも無自覚に緊張させているようでしたので、

筋肉の緊張を取る方法、イメージをいろんな言葉で伝えてみました。


すると少しずつ少しずつ肩甲骨が浮いてきました。

私の指の刺激で再び肩甲骨が張りつかないように、

そ~っと肩甲胸郭関節に指をすべりこませることに成功しました!


イメージとしては、

「カタツムリの角」や「亀の頭」を一瞬にして引っ込められないよう、

そ~っと、そ~っと触る感覚ですかね?

カタツムリ.jpg

ここまでくれば、こっちのものです!

そこからは緩むスピードがアップします!



ここまで時間がかかりましたが、

そっからは速攻でした。


Iさんご自身も

「今何ともないですね。最初と肩の感覚が全然違う!」

と変化を感じ取っていただけました。




また来週しっかり緩めて、

慢性的な肩こりからも解放されるようにしていきましょうね。

手術ばかりの旦那さんに代わって仕事を頑張った結果…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


スイカ農家の腰痛.jpg

4回目のAさん(農業)60女性

スイカ農家のAさんは常に腰を曲げたまま作業しています。


息子さん夫婦も一緒に農業をされていますが、

10歳以上も離れたお孫さんが生まれたので、

お嫁さんはあてにはできません。


極めつけは、旦那さんが昨年3回も手術をしたので、

旦那さんに無理をさせられない!と頑張ってしまうようです。

今年も手術の予定があるとかで、なおのこと。。。


ただ、あまりに痛がりながら頑張っている姿を見て、

旦那さんから「整体でも行ってこい!」

と言われてやってきました。




さて今回は久しぶりにいらっしゃいましたが、

曲がり仕事のためでしょうが、腰痛での来店です。


前屈動作、そこから起き上がるとき、椅子からの立ち座りで痛みが酷い。

触れば、筋肉がガチガチで柔らかい筋肉が想像もつかないほど。



とは言え、動かせる範囲で骨格調整を行い、

できる範囲で筋肉をゆるめていきました。


するとこれだけでも10→4程度まで痛みが和らいできました。

ずいぶん固いので一気にゼロ!とはいきませんでしたが、

時間を見つけてなるべく調整にいらしてくださいね♪




帰りぎわには「旦那に取らっだがら、枕もう一つもらってっかな?」

とご購入いただきました。


枕を使って寝ると、それだけでも腰骨がけん引されますので、

ぜひ使い続けてくださいね。

痛みはぶり返しますが、徐々に少なくなってきています。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




50回目のKさん(自営業)50代女性


鼠径部痛および肩こりで、思い出したように来店される方。

施術後はしばらくもつので、辛くなると当日予約でいらっしゃいます。



しかし、先月に股関節の痛みに再び襲われ、メンテナンスの重要性を感じ始めたようです。


整形外科でも変形性股関節症と診断されており、

身体を大切に使っていこうという風に心境の変化があったようです。


次の予約は入れて行かれませんが、

おおよそ7~10日に一度、時間を見つけて来店されています。


肩が痛い.jpg

さて、そんな風に股関節の調整は毎回おこなっていますが、

最近、右上腕外側に痛みを感じるようになりました。

上腕の外旋・外転で痛みが走ります。


その対策としては、

肩甲骨の内転動作をつけつつ、肩甲上腕関節の調整をおこなっています。



ぶり返しがありますが、徐々に痛みは収束に向かっています。

波はあるものの、現在は外旋はOKです。


外転は、ほんとうに最後まで動かした時の痛みが残るのみ。

かなり可動域は広がっています。




肩はあともう少しですね♪

しっかり最後まで調整しちゃいましょうね。

脚の神様をお参りにいって、捻挫して帰ってきました。。。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




139回目のTさん(パート)60代女性

肩こり・腰痛で2~3週間のメンテナンスで通われています。


さて1週間ほど前に

高畠町だったかな?置賜の足の神社の参拝に20名ほどで出かけた時の事。

「バスに乗り遅れちゃいけない!」

と先に行った皆さんに追いつこうと焦っていたら、

平らな所を歩いているつもりが、段差に気づかずに転倒してしまいました。

この際に捻挫をしてしまったようです。

捻挫で足首に水.jpg

その時は何ともないと思っていましたが、

帰宅後に足首が腫れてきて、

翌日整形外科を受診すると、足首に水が溜まっているとのこと。

(確かにはっきりわかるほど腫れあがっていました。)

ただ「水を抜いても同じことになるから!」と特に処置はナシ。


歩くにも足を引きずるような状態で来店されました。




「だいぶいろんな所回った後だったから、
 お賽銭いいかなぁ~って思っちゃったのよね。
 神様に怒られたんだわ、きっと。(笑)」

とケラケラ笑ってはいますが(苦笑)

様子を見ていると相当つらそうに見えます。



状態の確認をすると、

立方骨付近に圧痛があり、腫れているために足首の屈曲動作で圧迫感があります。

また階段を降りる時に、痛みのある右脚を着いた瞬間も痛みがあり、

1段ずつ、そろりそろりと降りなければなりません。

当然、歩行はピョコピョコ歩きます。



施術の組み立てとしては、

骨盤のバランスを取ったのち、下肢全体を緩め、

股関節、膝関節、足関節の調整を試みました。

ただ、足関節の屈曲動作は圧迫感があるだけで可能ですが、

伸展動作で痛みが出てしまいます。


足関節の隙間を広げながら、少しずつ動きを広げようと試みました。



そして立ち上がっていただくと、

大股だと少し痛そうな表情になりますが、

気持ち歩幅を小さめに歩く分には大丈夫そうです。

階段を下りる動作は痛みがありましたね。



「だいぶ軽くなったから、また来週も来たらいいかしらね。」

と翌週のご予約も入れていかれました。


水が少しでも引いてくるといいんですが、来週どうなってるかな?
Prev123...596061Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ